トヨタ クラウン 左リヤドア 左クオーター修理 パテなし

いつもありがとうございます。

毎日が楽しいTです!

トヨタ クラウン 左リヤドアからクオーターにかけて、複雑に凹んだ傷の修理です。
今回ホームページを見て御来店くださいました。
ありがとうございます。

では、ご覧ください。

一番下に動画があります。

早速あら出し作業に入ります。

あら出しで、この後の作業がどう進むのかが決まります。

いい車は鉄板が硬いですね。
思うように出てくれません。

塗膜を削り、スタッドで細かく鈑金していきます。

鉄板が硬く、いつも引き出している電流値では引き出せないので、少し電流値を上げて引き出しました。
そのため、スタッドの跡が少し付いてしまいました。

スタッドの跡は消えますのでご安心ください。
マスキングします。

今回も錆の進行をおさえるウォッシュプライマーを塗装します。

乾燥後、あしづけして、サーフェーサー塗装をします。

複雑な凹みでしたが、パテ無しに成功しました!

ドアを開けた中も損傷していたので、修理、中塗り塗装作業をします。

オーナー様、ご覧になられてますか?
残り上塗り、組付けの工程で完成です。
では、また作業が進んだら更新します。

完成しました。

きれいに仕上がったと思います。
ありがとうございます。
またお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA