マツダ アテンザ 屋根の色がはげてきたので塗装で修理と発電機の交換

いつもありがとうございます。

親戚のおじさんが乗っているアテンザワゴンです。

いろいろメンテナンスを繰り返して、結構な修理代がかかってますが、まだまだ乗るということです。
今回は屋根の色が剥げてきたので補修します。

ルーフ、左右のピラーが塗膜の劣化がひどいです。

表面のクリアー層がめくれてしまっています。
ボンネットなどの前回りは、過去に補修させていただいております。 不良塗膜を削って落とします。

その後、サフェーサーを塗装します。 ブース内 塗装が完了した動画です。

 

作業中、バッテリーあがりが発生

オルタネーターの発電量を調べると12Vちょい
発電量がたりないみたいです。

リビルトのオルタネーターを手配し交換しました。

バッテリーもお亡くなりなっていましたので交換 オイルの交換距離が来ていましたので、オイル交換 外装も塗りあがり
きれいになりました。 作業中に気が付いたことが
運転席のドアを開け閉めすると、パチパチ!と電気がショートしてる音が聞こえます。

ドアヒンジのボルト類を増し締めすると音は無くなりました。

セキュリティーの誤作動が頻繁に起こっていて、弊社で預かっている間もヘッドライトがチカチカと光る症状が出ていました。

ドアのヒンジの増し締めしてからは、誤作動が起こっていないようです。

これがセキュリティーの誤作動を起こしてたのかな?

無事、修理がおわり、納車させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA