塗膜不良修理 塗膜を全て剥離して下地から作る。

とある車種ですが何故か塗膜に不具合が発生して、色がめくれます。
部分的にめくれてるのですが、そこから色を剥がすと密着の悪さを感じて
結局パネルの表側すべてをめくらないとおさまりません。
作業途中ですがご覧ください。

完全に塗膜をめくって地金をだして、そこから下地を作っていきます。

ポイントとしては補修後、末永く品質を保てる工程で補修作業を進めなければなりません。

マスキングして、サフを塗りますが、長く地金のままさらされているので鋼板は酸化しています。
この酸化に対して表面処理を行い、サフェーサーがより強固に密着するようにしています。
こうすることにより強固な補修塗膜が形成されます。
弊社は補修塗料メーカーと十分な打ち合わせを重ねて作業を行っております。

サフェーサー塗装完了

ありがとうございました。
またお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA