日産ノート 車検・整備

日産ノート 49000キロです。
平成22年式で10年の年月が経っています。

走行の割にブレーキ回りの錆びや動きの渋さがあり
整備内容がたくさんありました。下回り洗浄後 各部のチェックです。

フロントディスクパットですが、残量が少ないため交換しました。
新旧のパットの状態を見れば減り具合は一目瞭然ですね。

それとディスクを挟むときにスライドするスライドピンがグリス切れを起こし錆びついていました。
フロントのブレーキです。
スライドするネジが通ってる穴が錆びてます。
動きが悪いんでないかと思われます。 ブレーキをばらしたところです。
先ほどの穴に通ってったネジ(スライドピン)も錆びてます。

そして、ブレーキのパットの厚みが薄くなっていますので新品と交換します。
ブレーキパットを新品と古いパットを比較していただければ、その差は歴然ですね。 錆びていたスライドピンを磨きました。
このあとグリスを塗って組み込みます。 スライドピンが通ってるブレーキの部品の穴もきれいに掃除しました。 ブレーキをバラバラに分解します。
折角新しいブレーキパットに交換しても、ブレーキの動きが悪いとすぐにパットが摩耗してしまうこともあります。
分解したときにゴム類は新品に交換
ブレーキペダルを踏んだ時に動くピストンも表面を磨いてきれいにします。
これでスムーズに動いてくれますね!(^^)! きれいに磨いて、ゴム類を新品に交換して組みました。
こちらを車体に取り付け、新しいブレーキオイルを入れればOK!です。 次にリヤブレーキです。
リヤのブレーキも減っていました。
しかも赤い〇部 上と下では厚みが違います。
片べりしていました。
これもブレーキの動きが悪いため起こりますので修理します。 ブレーキのライニングを交換します。 ブレーキのライニングが接触する部分が錆びて変形していました。 錆びて変形した部分を削って清掃、平らにしてライニングがスムーズに動くようにしました。 グリスアップしてリヤのブレーキを組み立てて完了 リヤの足回りから異音が出てました。
ベアリングからの異音でしたのでベアリングを交換します。 ベアリングの打ち替え完了です。

ウォッシャータンクについているウォッシャーモーターです。
正転、逆転でフロントウインドガラス、リヤガラスにウォッシャー液を送ります。
フロント側がとても液の出が悪かったのでモーターの交換をしました。

そのほか
オイル、エレメント、ワイパーゴム、エアコンベルト、オルタネーターベルト
などなど交換させていただきました。

そしてラジアルタイヤも1セットご購入いただきました。

ありがとうございます。
またお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA