RX-8 SE3P クラッチ交換からの

RX-8です。
クラッチが滑って車が動かないことで入庫
この色パールの色抜けがひどいですね。
多分、バンパーの色が本当のRX-8の色に近いと思います。
で、早速作業に入ります。

ミッションを降ろします。
ケースの中の綿状のものはクラッチディスクの残骸です。

クラッチが見えました。

クラッチを外しました。

変わり果てたお姿になっていました。

磨耗したディスクとこすれてキズだらけです。
クラッチ盤が削れたカスがクラッチ内部にこびりついてます。

レリーズベアリングも変わり果てたお姿に。(左新品、右壊れたベアリング)

グリスが漏れてしまってます。ダメです。ベアリングを回すとジャーと音が出ます。ベアリング内部が焼けてます。

さて組み付けです。

クラッチ盤 左新品 右焼け焦げて変わり果てた姿になったクラッチ盤 これでは車は動けません。

 

クラッチ盤センターだしの工具です。

さあ準備万端、リングギア点検しておこう♪
あれ?

外れた・・・・・・汗
危ない危ないこのまま組みつけてしまうと、セルモーターがからまわりしてエンジンがかからないとこだった(汗)

ということで追加作業 フライホイールも交換します。

リングギアはもちろん外れません。

フライホイールを止めている54ミリのナットを外します。

フライホイールが外れました。

フライホイール取り付け完了
クラッチを組上げ作業完了しました♪

クラッチが滑ったときによっぽど熱がかかったのかな?
リングギアがフライホイールから外れるという予想外の故障もありましたが、作業は完成しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA