アルト・ラパン エアコンが冷えない

梅雨が明けたのか、豪雨があけてから続く猛暑
そんなときにエアコンが全然冷えなくなったと、お客様から連絡ありました。

この猛暑でエアコンが効かないのはちょっと危ないので、すぐに車を預かりました。
そして、エバボレーターを手配し エアコンの修理をしました。平成24年式 HE22Sラパンです。

エバボレーターが届きましたのですぐに作業にかかります。 インパネを外します。クラーユニットが出てきました。 クーラーユニットを外します。

もう複数台から同じ作業をしていますので早いです(笑) クーラーユニットを分解してエバボレーターを交換します。

今回は発見がありました。 こちらが新品のエバボレーターとエキバンです。 クーラーユニット内に濡れた部分がありました。

エアコンのガスに含まれるオイルです。 エアコンが効かなくなって、すぐに入庫されたので
エアコンガスがエバボレーターから漏れだした形跡が残ってました。 新しい部品と交換します。 エンジンルーム内のエキバンも交換しました。 部品を組み上げてエアコンガスを注入、エアコンを作動させたところ問題なく冷えました。

ちょっとコンプレッサーの音が大きいのが気になる
ついでにエアコンのオイル添加剤も投入させて頂きました。
エアコンの能力があがり、ちょっと冷えがよくなる。
コンプレッサーの音が静かになるそうです。

添加剤を注入しても音が大きいように思うが一旦納車します。
コンプレッサーについては引き続き経過を見ます。

ありがとうございました。

またお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA