水性塗料講習会

2010/07/04


滋賀県自動車車体整備協同組合の湖北支部で行われました。


協力 川北塗料株式会社

株式会社BASFコーティングジャパン









RMのオニキスで実習しました。
フレンチな塗料です。

大がかりな設備投資が不要(普通のパネルブースでOK!)
保存庫が不要で長期保存が可能
多湿でも塗装が可能
本日は気温25度、湿度80%以上という水性塗料には一番悪い環境でした。






冒頭、挨拶










いよいよ実習


カラーベース塗装





トヨタ1F7を塗ってみます。
右フロントフェンダー先端の補修作業を想定しています。
脱脂はアルコール系ワックスオフを使います。




ドバー!と塗りこみます。



ちょっとやりすぎた(;一_一)

ベースが柚子肌に・・・・・・・・



やり直し(;一_一)

ワォー!!なんと水を含んだウエスで拭きとれます。
さすが水性塗料





エアーブローで水分が抜けると塗膜を形成します。
水分が抜けてしまうと写真中央に写っていますが、水性塗料の塗膜が残っています。
塗膜が形成されると水分では塗膜を除去できません。




気を取り直して




やっぱりドバーと塗りこみます。




一回目で90%程度、色決めします。



乾燥は特殊なエアブローで行います。




2回目ベース塗り



乾燥



乾燥ためのエアーブローをスプレーガンでするとガンの先端に塗料が付着しトラブリます。




大野さんが、ブツを取ってくれと、意地悪なリクエスト(^-^)




♯1500でブツを除去します。
空研ぎで研摩したあとタクロスで清掃





色決め完了
次にボカシ作業です。




ベースにボカシ剤を添加してボカシを行います。





ベースの塗装が完了




????????????
ガンの掃除はバケツの水でジャバジャバ
既成概念を捨てなければならない日が近づいています。




次はトヨタ042を塗ってみます。


なんかかっこいいかも


ばらしてみる
調色カップが、スプレーガンに取りつけられるようになっている。




みなさん熱心です。





次は受講者に塗装してもらいます。
テストパネルに足付けをします。
♯400
足付けは粗くていいのでスピーディ!














集塵サンダー体験






講習の合間にパテ粉がほとんど飛散しないサンダーとペーパーを体験しました。
97%吸い込むらしい。
たしかに粉塵は出なかった(^-^)








クリアー塗装





クリアーはCP(何の略かは忘れた(;一_一))
法の基準を満たすクリアーだそうです。

塗装の様子は動画でどうぞ

動画



動画2

フェンダー1枚40秒で塗りあがります。
しかもセッティング無しで直ぐに焼き入れOK



据え置きのエアブローです。
どうなってエアーが出てくるのか分かりませんが、
元エアー量の3倍のエアーを噴出出来ます。
塗装物に斜め方向からエアーをあてます。
塗装物表面に気流を作って乾燥させる様です。






講習者、塗装体験

こちらも動画でどうぞ

動画3

ドバーと塗りこめないのでタレるまで塗ってみました。


動画4

もう少しガン距離を近づけた方がいいとの事です。




水性塗装用のスプレーガンです。




受講者が塗装したベース。
ドバーと塗るのに慣れないのでベースが荒れてしまいました。

今回の水性体験
確かに水性塗料には悪環境の条件でしたが
うわさに聞くほどの作業性の悪さは感じられませんでした。
かなり進歩してると印象を受けました。



おまけで水性チッピングを体験








反省会


取り急ぎアップしておきました。
今回の講習会は若い方が多く出席して頂き嬉しかったです。












戻る

Copyright c, BIWAKO JIKOU CO,LTD. All rights reserved.